抱き枕は安眠をもたらしてくれる?その驚くべき7つの効果とは?

「枕」は安眠には必須のアイテムです。

なければ眠れないという人も多いことと思います。

ですが、「抱き枕」は使わない人も多いですよね?

実はこれって、抱き枕の安眠効果を考えると、

とてももったいないことないんです。

そう言い切れるほど、抱き枕を使うメリットは大きいのです。

スポンサードリンク

・実は多い抱き枕の種類


抱き枕というと、I字型のものを想像しますよね?

ですが、抱き枕はI字型以外にもいくつもの種類があります。

・足を絡ませやすいL字型の抱き枕

・体に気持ちのいい感触を与えるグネグネ型の抱き枕

・インテリアや飾りにも使える人形やキャラクター物の抱き枕

などなど、形だけでも多くの枕があります。

このことからも、抱き枕が多くの人に求められているということが分かりますね。

・抱き枕の効果

抱き枕にはいくつものメリットがあります。

  1. 安心感
  2. 血行促進
  3. いびき対策
  4. メラトニンの分泌
  5. 不眠症の改善
  6. 暑さ対策
  7. 妊婦の痛み軽減

1、安心感

抱き枕を使用すると、安心感を与えることが知られています。

これは、抱き枕を抱いて寝るときの姿勢が、私たちが胎児のときの姿勢と似ているからだと考えられています。

なぜか布団で丸々と落ち着くことってありませんか?

その落ち着きは抱き枕によってももたらすことは可能です。

2、血行促進

私たちは、眠っているときに常に同じ格好で眠っては、いけません。

血の巡りに偏りができてしまうからです。

ですから、健康的な人は平均で1日に20回の寝返りをうちます。

ですが、寝返りをうつというのはその分結構なエネルギーを使うのです。

低反発マットレスの場合だと特に多くの力を使ってしまいます。

しかし、抱き枕があることによって、

眠るときにとることのできる体勢のバリエーションが増えるので、

そんなにたくさんの寝返りをうつ必要もありませんし、

寝返りだけでは解決できないような体勢の偏りも解決できます。

そのため、血行が良くなり、足のむくみの解消にもつながったりします。

スポンサードリンク



3、いびき対策

いびきは気道が狭くなることによって起きます。

なので、いびきを解決するには気道を狭くしないようにしなければなりません。

その方法の1つが「横向き」に眠ることです。

そして、その横向きで眠ることを補助するこれ以上ないアイテムが抱き枕です。

抱き枕を抱くだけで、自然と横向きで眠ることになるので、いびきをかきにくくなります。

4、メラトニンの分泌

睡眠中に分泌するホルモンとして、「メラトニン」というものがあります。

メラトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、メラトニンを分泌することでリラックスすることができます。

そのリラックス効果により、ストレスを解消してくれるような睡眠をとることができます。

逆に、メラトニンの分泌がなければストレスは溜まっていく一方です。

日々を気持ちよく過ごすために、メラトニンの存在は大きいと言えますね。

4、不眠症の改善

「眠れない」というときってありますよね?

しかも、眠たいのになぜか眠れないってときありませんか?

そんなときって意外と「眠るときの体勢」に問題があったりします。

私たちは、抱き枕を使わないと、

・仰向け

・うつぶせ

・横向き

くらいでしか眠りませんよね?

ですが、こんな少ないバリエーションでは眠りにつきにくいことがあるのです。

なぜなら、その時に最も眠りやすい体勢というのがあるのですが、この3種類がその体勢を満たしていないということが考えられます。

しかし、抱き枕を使うことによって、その体勢を満たしてくれる可能性が格段に高まります。

よって、「寝付けない」という悩みを解決してくれるかもしれません。

*ちなみにですが、抱き枕を使った方が寝つきがいいというデータもあります。

6、暑さ対策

抱き枕を使うことによって、体と布団が接する面積が狭くなります。

また、体勢が変わりやすいので同じ部分に触れている時間も短くなります。

そのため、体温で布団が温まりにくくなると言えます。

熱帯夜なんかは特に、温まった布団で眠るのは苦痛が伴います。

その苦痛を抱き枕によって和らげることができます。

7、妊婦の痛み軽減

子供を産んだことがある女性、また今現在妊娠している女性なら分かると思いますが、

妊娠しているときに横になると、腰の骨が痛くなったりします。

これは、お腹の中にいる赤ちゃんをよけるようにして骨が無理をしているからです。

そして、その骨が体の圧力によって布団に押し付けられることで痛みが発生するというわけです。

ですが、抱き枕を使うことによって、眠っているときに色々な体勢がとれるので、

体の圧力を分散することができます。

そのため、骨の痛みの軽減にも役立ちます。

・まとめ


「眠りやすい」という以外にも数多くのメリットが抱き枕にはありましたね。

精神的な面から肉体的な面に至るまで、抱き枕は良い影響をもたらしてくれそうです。

しかし、「快眠」「安眠」にもっとも大切なのは前提のように言った「眠りやすさ」です。

もし、抱き枕を使う方が眠りやすいというのであれば、

それだけで抱き枕を使う価値は十分にあると思います。

スポンサードリンク