グリシンは睡眠の質を高めるって本当?グリシンの4つの魅力的な効果とは!?

「グリシン」って知っていますか?

たいていの人がグリシンについて知らないと思います。

もし知っている人がいたとしても、

体にどんな効果をもたらしてくれるのかまでは知らないことでしょう。

ですが、それはもったいない!

グリシンには、私たちが欲する魅力的な効果がいくつもあるのです。

・・・そもそもグリシンとは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

・グリシンとは?

グリシンとは、体内で合成される非必須アミノ酸の1つです。

体内で合成されるだけでなく、食事から摂取することもできるアミノ酸です。

グリシンには、うま味成分酸化防止作用があるため、食品添加物としても使われます。

食品添加物として使用されると言ったら何か嫌ですよね~。

ですが、厚生労働大臣のお墨付きで、

食品添加物として摂取するグリシンの安全性は保証されています。

なので、グリシンに今の段階であまり嫌悪感を持たないでくださいね。

グリシンは、コラーゲンの1/3を構成するアミノ酸でもあります。

だから、コラーゲンを摂取するためのサプリメントなんかには、

グリシンも入っているということです。

なんかこれはちょっといい感じですよね~

・グリシンの効果

グリシンには魅力的な効果がいくつもあります。

  1. 不眠症予防
  2. 美肌効果
  3. 抗うつ作用
  4. 脳卒中予防

1、不眠症予防

グリシンには、体内の表面温度を上げる効果があります。

そして、体内の表面温度が上がることにより、体の熱が発散します。

そして、結果的に体温が下がります。

人は、体温が下がると眠たくなるので、

結果的にグリシンは眠りを誘うことになります。

まあ、こたつに入ったら眠たくなるのと理屈は同じですよね。

理屈的にも、グリシンによって

「なかなか寝付けない」

という状況を打破できる可能性があるということが分かります。

また、自然な形で眠りにつくことができるため、

グリシンには「眠りを深くする」効果もあります。

眠りを深くするというのは、睡眠の質を上げることにもつながります。

なので、グリシンは快眠には必須のアミノ酸と言えます。

2、美肌効果

グリシンには美肌効果があります。

まあこれに関しては、上で説明した、グリシンは「コラーゲンの1/3を構成するアミノ酸」という事実から察することができるでしょう。

何の意外性もありませんが、コラーゲンに美肌効果があるのと同様に、

グリシンにも美肌効果があります。

また、先ほど「睡眠の質を上げる」と言いましたが、

それに伴って、成長ホルモンの分泌が促されます。

その成長ホルモンによっても美肌効果が期待できます。

なので、グリシンの美肌効果は

「コラーゲンを構成する成分だから」

「睡眠の質が上がり、成長ホルモンの分泌を促すから」

二面からもたらされることになります。

3、抗うつ作用

グリシンの摂取によって、セロトニンという神経物質を増加させます。

セロトニンは精神の安定には不可欠な化合物です。

セロトニンが増加することによって、精神が安定し、

ストレスが軽減することが知られています。

そのため、グリシンの摂取によって抗うつ作用があると言えます。

4、脳卒中予防

グリシンには、コレステロール値を下げる役割もあります。

なので、高血圧や脳卒中に効果を示すと言われています。

そのうち、脳卒中の予防には大きく貢献します。

まあコレステロール値を下げるというだけでもかなり魅力的な効果ですよね。

4、グリシンに副作用は?危険性は?

普通に生活している限り、グリシンに副作用も危険性もありません。

こんだけ素晴らしい効果がいくつもあってですよ?

本当にありがたい限りです。

まあ、グリシンが副作用や危険を伴うのなら、

厚生労働大臣が食品添加物としてグリシンを使うことを堂々と認めるわけがないですしね。

ですが、何の危険もないというのは「普通に生活していたら」です。

グリシンを何らかの方法で過剰に摂取する場合はこの限りではありません。

マウスに過剰にグリシンを摂取するという実験があります。

そのとき、グリシンを過剰に摂取されたマウスは呼吸麻痺に陥りました。

これが、しいて挙げる「グリシンの副作用や危険性」ということになります。

なので、

「グリシンに危険はないが、無理やり多くを摂取しようとしたらダメ」

という認識で大丈夫です。


スポンサードリンク




・まとめ

どうだったでしょうか?

最初、

「グリシンは食品添加物に使われる」

との発言でグリシンに嫌悪感を示した人も、今では考えが変わっていることと思います。

・不眠症で悩んでいる人

・眠ってもすぐに起きてしまう人

・ストレスが溜まっている人

・肌荒れが気になっている人

・血圧を下げたい人

などは、グリシンに頼ってみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク