どんな不眠症でも簡単に治す方法13+1選!

毎日寝たいのに、朝方まで眠ることができないことがありますよね?

そういう時期って、勉強にも仕事にも身が入らなくてつらいと思います。

ですが、夜眠れないというだけで病院にも行く気にはならないでしょうし、睡眠薬を飲むのも抵抗があるという人はたくさんいると思います。

そこで、睡眠薬に頼ることなく眠れるようになる方法を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

・不眠症を治す方法

1、風呂に入る

最近は風呂に入らずに、シャワーですませるという人が増えてきましたが、寝つきを良くするためには風呂に入った方がいいです。風呂に入ることで、体温が上がります。そして、風呂から出ることで体温が急激に下がるのです。

私たちは、体温が下がると眠たくなるようになっています。

よって、風呂に入ることは眠たくなる効果を持っています。

2、適度な運動

私たちは疲れていると、眠たくなります。日々の生活で疲れを感じているのに眠たくならないという人もいるでしょうが、身体的に疲れてはいないことが多いです。眠気を生じさせるには、身体的な疲労も必要です。

よって、適度な運動は不眠症を治す方法と言えます。

3、スマホやパソコンを見ない

眠る前にスマホやパソコンを触るのも眠れない原因の1つです。その理由は、スマホもパソコンもブルーライトを放出しているからです。

ブルーライトによって眠気を覚まさせたい場合なら別ですが、早く眠りにつきたいと考えるならば、眠る前にブルーライトを見ないようにしましょう。

4、ハーブティーを飲む

ハーブティーは安眠の必須アイテムとして知られています。一言にハーブティーと言っても、ミントやラベンダーなどその種類はとても豊富です。全ての種類のハーブティーが不眠症対策として効果的というわけではありません。

どのハーブティーがどんな安眠効果があるのか知った上で、眠る前に飲むことで不眠症を改善することができるでしょう。

5、ストレスをなくす

ストレスは安眠を妨げる最も厄介な敵です。また、不眠症を引き起こす最も大きな原因です。現代はストレス社会と言われているので、簡単にストレスをなくすことはできないかもしれません。しかし、質の高い睡眠はストレスを解消する力があります。

なので、ストレスにより不眠症になるというのは悪循環の始まりなのです。

ストレスを解消する方法などを利用して、少しでもストレスを軽減するようにした方がいいです。

6、環境を整える

暑苦しい環境で寝ようとはしていませんか?また、湿度はきちんと整えていますか?

自分に合った温度設定や湿度設定にすることで、より眠りやすさが増します。また、気温や湿度以外にも、眠るときの格好にも気をつける必要があります。

パジャマの選び方だけでも、安眠を得ることができるかどうかはかわってきます。

7、呼吸法

眠りやすくなる呼吸法というのがあります。アメリカのとある博士が開発した呼吸法で、4-7-8呼吸法というものです。

この呼吸法は眠るまでの時間を劇的に早めると言われています。(まあ慣れたらですが。)

4-7-8呼吸法を完全に身につけた人は、夜眠るまでに5分もかからないそうです。

スポンサードリンク



8、寝具

マットレスや布団を変えるだけで寝心地が全然違います。特にマットレスは合う合わないがあるので、慎重に選ぶべきだと思います。マットレスを変えたとたんに急に眠れなくなるという人も大勢いるらしいです。

マットレスを選ぶ際に、低反発の特徴と高反発の特徴とを意識せずに買ってはいませんか?

この違いは実はかなり寝心地に影響を与えています。

9、音楽

癒しの効果がある音楽というのがあります。アルファ波の音楽です。この音楽はリラックス効果があるので、ストレスの解消としても有効ですが、眠気を促す効果もあります。

そのため、不眠症の解消に役立つでしょう。

10、アロマ

アロマには、眠気を覚まさせる効果のあるアロマもありますし、眠気を誘う効果のあるアロマもあります。不眠症の人は、眠気を誘うアロマを使えば、いつもよりも眠るのが早くなります。

また、アロマは普段使うにも用途が意外とたくさんあるのでとてもおススメです。

11、サプリメント

睡眠薬は使いたくなくても、サプリメントなら大丈夫という人も多いのではないでしょうか。実際に、不眠症対策として最もおススメの方法がサプリメントを摂取することです。

世の中には寝つきをよくするサプリメントがたくさん出回っているので、効果があるサプリメントに出会えるかどうかが重要ですが、不眠症を治す最短ルートがこの方法でしょう。

効果が高いとされているサプリメントを飲むだけで、気持ちもリラックスします。

12、生活習慣を見直す

生活習慣を見直すのは、不眠症を治す基本ですよね。昼間にずっと眠っていては夜眠れないでしょうし、毎日夜更かしをしていては、いきなり早い時間に眠ることなどできません。

不眠症を治して、早く眠れる生活を送るには、毎日の生活習慣から見直さなければなりません。

・番外編  アルコール

アルコールを摂取することで、無理やり眠るというのも場合によっては有効な手段だと思います。しかし、あまりこの方法に頼ってしまうと、今度はアルコールを飲まなければ眠れない体になってしまうので、不眠症対策としてはあまりおススメはできません。

また、あまり知られてはいませんが、実はアルコールには眠くする効果と真逆に、眠気を抑える効果もあります。

なので、眠気を覚ましたいときにアルコールを飲むこともあるくらいです。

気を付けましょう。

・まとめ

不眠症は本当につらいです。努力のしようがないように感じることもあります。しかし、上記に挙げたように、方法は意外とたくさんあるものです。これらの方法を駆使して、不眠症を改善し、心地よい眠りを手に入れられればな、と思います。

スポンサードリンク