いつもと違ういびきは危険のサイン!あなたの旦那は大丈夫?

いびきのことを睡眠中にするわずらわしいものだと思っている人も多いのではないでしょうか?

ですが、ただわずらわしいだけの感覚を持っていると、いびきの示す命への危険信号に気付けないかもしれません。

そもそも、私たちの健康にとって睡眠は重要な役割を担っています。

その睡眠中にする「いびき」に変化があるというのを放っておいてはいけません。

では、私たちのあまり気にする必要のないいびきと、気をつけるべき危険信号としてのいびきとはどのようなものでしょうか?

スポンサードリンク

・放っておいてもよいいびきとは?

放っておいてもいびきとは、簡単に言えば「いつものいびき」です。

普段と同じ音の大きさのいびきであり、かつ呼吸リズムもいつも通りのいびきのことです。

このいつものいびきのことを、単純いびきと言います。

まあそのままの言葉ですね。

単純いびきの場合は、放っておいても問題ないいびきと言えるでしょう。

・危険ないびきとは?

1、いつも以上に大きないびき

いつも以上に大きないびきをしている場合は注意が必要です。

そもそも、いびきが音を出すのは、喉の奥の気道を通る空気が振動するからです。

そして、いびきをするのは心臓や脳に酸素を供給するという目的のためです。

いびきの音が大きいというのは、いつも以上に空気を取り入れているということです。

つまり、体に酸素が足りていないのです。

その足りていない酸素を必死にいびきとして取り入れているので、決して十分に酸素が心臓や脳に届いているとは考えにくいです。

そのため、たとえ十分な時間の睡眠をとったとしても、疲れはとれず、集中もできないという毎日を送ることになりかねません。

2、往復いびき

通常のいびきは、息を吸うタイミングでいびきの音が出ますよね?

ですが、往復いびきの人は息を吸うときにも、吐くときにもいびきをしている状態です。

いびきというのは、空気を狭い気道を通すので、ある程度の負担が体に生じます。

それなのに、往復いびきは普通のいびきの倍もの負担を体に強いていることになります。

こんな状態では、質の高い睡眠がとれるはずがありません。

実際に、往復いびきでは疲労感が蓄積していきます。

3、呼吸の頻度が高いいびき

頻度が高いいびきにも問題はあります。

普通、

スーーー、スーーー、スーーー、

という人が

スー、スー、スー、

となったら体が普通の状態ではないことが分かりますよね?

何回も呼吸をしているのと感覚的には同じです。

過呼吸のような認識でよいでしょう。

これはいつも以上に寝ているときの気道が狭くなっている証拠です。

もしくは、消化器官に異常がある可能性もあります。

先ほども説明したように、いびきをかくというのは体力を必要とする人の生理現象です。

なので、いびきの頻度が高いというのは、睡眠中に必要以上に体力を使っていることになります。

そのため、起きた後でさえ体はぐったりしてしまう可能性だってあります。

睡眠中に体に大きな負担をかけたので当然です。
スポンサードリンク



4、無呼吸症候群

無呼吸症候群にも関わるほどのいびきの危険信号です。

その名の通り、睡眠中に呼吸が止まってしまう現象です。

いびきをかいて寝ている旦那や彼氏が、鼻が詰まっているみたいになったり、急にしゃっくりのようになったりすることはありませんか?

それが、無呼吸症候群のサインです。

そのときに、息をしているかどうか確認してみてください。

もしかしたら、息をしていないように感じるかもしれません。

このように、いびきのさい最中に息を止めるというようなことが、1時間に5,6回あったらかなりの注意が必要です。

無呼吸症候群である可能性はかなり高いでしょう。

無呼吸症候群は、呼吸が止まるということからも分かるように、脳にも体にも酸素を供給できていないということになります。

なので、あらゆる危険性を含んでいます。

具体的に言うと、心肺停止脳障害を誘発する可能性もあります。

最悪の場合、死に至る可能性だってあるでしょう。

無呼吸症候群に関しては、「疲れがとれない」とか「集中力が戻らない」といったことよりも問題が大きいです。

無呼吸症候群のサインは見逃さないようにしましょう。

5、不規則なリズムのいびき

不規則なリズムのいびきも危険です。

いつもよりいびきが大きいわけでもない。

だが、小さいいびきと普通のいびきが混じっている。

いつも以上にいびきが頻繁にあるわけではない。

だが、ゆっくりのいびきと普通のいびきが混ざっている。

1時間に5回以上息が止まっているわけではない。

だが、1時間に1回程度息が止まっている。

今挙げた例のように、不規則ないびきというのは「呼吸自体」が乱れているということになります。

なので、これは睡眠時だけの問題ではありません。

日常的な呼吸にも問題があるはずです。

そのような人は、普段の生活の中で不意に息苦しさを感じたりしているはずです。

これが当てはまるなら、間違いなく呼吸器官に何らかの問題が生じています。

呼吸器官は複雑に構成されているので、どんな原因かは分かりませんが、病院へ行くことをオススメします。

・まとめ

この記事を見てどのように感じたでしょうか?

 

「怖いな」

と感じた人もいるのではないでしょうか。

そのような感覚をもつことはとても大切だと思います。

「いい睡眠をとること」ももちろん大切ですが、「悪い睡眠を避けること」も大切だからです。

また、いびきは危険信号のサインとしてとても貴重です。

もしも、いびきのような音がなく、いつ呼吸が止まっているか明白でなかったり、体に酸素が足りているのかどうかが分からなかったら大変ですよね?

健康を保つため、健康の状態を測るために「いびき」に注目するのもいいかもしれません。

そうすることで、旦那の命も守れて快眠生活にも近づけるかもしれませんよ。

スポンサードリンク