いびきがうるさい!いびき音の大きさは平均どれくらいか?

旦那や彼氏と寝ていて、

「いびきがうるさくて眠れない!」

とイライラすることってあると思います。

男性の25%はいびきをするらしいので、いびきをする人は決して少なくありません。

ですが、いくら我慢しなければいけないとは言っても、

「我慢だ、我慢」

と思い続けるのは大変でしょう。

また、こんなことを考えたことはありませんか?

「ひょっとして、うちの彼氏のいびきって他の人のいびきよりも大きいんじゃないか?」

まあ、いびきは人をイラつかせてしまうものなので、こんなことを考えるのは普通でしょう。

そこで、普通の人はいびきをどれくらいの大きさでするのでしょうか?

・いびきの大きさの平均

一般的に、いびきの平均は50~60dbとされています。

これは、一緒に寝る人がかくいびきとしては大きいように感じてしまいますね。

ゆっくりとした、静寂の夜を好む人にとっては騒音でしかありません。

・・・・

ちょっと待って・・・

ってかそもそも、50~60dbの大きさってどのくらいの大きさなのでしょう?

それは、

50db   ・・・   静かな事務所、エアコンの室外機

60db   ・・・   普通の会話

となっています。

これって眠るということを考えたら、結構深刻なほどの大きさだと私は思います。

だって、自分の隣でずっと会話をしてくる状態で寝るということですからね?

まあ大変でしょう。

でも逆に言えば、そのくらいの大きさのいびきなら我慢するべきだと思います。

そのいびきが我慢できないなら、25%の男性と付き合うことができないということになりますからね~

もし、いびきをする人が嫌で、かつそのいびきをする人とも別れたくないのなら、いびきを治させるしか方法はないでしょう。

ここでの問題は、いびきが普通より大きいときにどれくらいの大きさかということです。
スポンサードリンク



・いびきが大きい人ってどれくらいなの?

なんと、世の中には90dbもの大きさのいびきをかく人がいりそうです。

こんな人と毎日一緒に寝るのは、完全に身体に影響を与えるレベルです。

それでは、先ほどと同様に90dbがどれくらいなのか見てみましょう。

ついでに、70、80dbも参考に挙げときました。

70db   ・・・ やかんの沸騰音

80db   ・・・ 電車の車内、布団のたたく音

90db   ・・・ 犬の鳴き声、カラオケの店内、うるさい工場

となっています。

90dbのいびきの人と一緒に寝るのは、常に鳴き続ける犬を横で聞き続けながら寝るのと一緒です。

そんなのどんなに愛情があっても耐えられません。

というか、愛情もなくなってしまうほどの苦痛と言えるでしょう。

だって、80dbも相当なものですよ?

布団をたたく音の大きさを参考として挙げましたが、騒音で訴えられた

「布団をたたく隣人のおばさん」

を思い出しませんか?

あの訴訟の被害者は心身ともにボロボロになったそうです。

そんないびきをする人と寝ている人は、我慢の必要はありません!

我慢すると、体に異常が出てしまいます。

ましてや、質の高い睡眠をとるなどもっての他です。

ここで、参考数値として100dbの音の大きさも挙げてみます。

100db   ・・・ 電車が通るときのガード下

です。

いびきの大きい人というのは、電車の音の一歩手前クラスです。

我慢できるものじゃないというのは分かったことでしょう?

なので、そんないびきで困っている人は、

いびきを治させるしかありません。

それがもし難しくても、せめていびきを小さくすることはできるでしょう。

・まとめ

どうでしたか?

いびきというのが結構な大きさであることに驚いた人も多いのではないかと思います。

しかし、

「あ、いびきの音の大きさって平均値はあまり大したことないんだ~」

って思った人もいるかもしれません。

そんな人こそ注意が必要だと思います。

その現状を放っておくと、間違いなくいびきが嫌になってしまうときが来ます。

一度気になってしまったらもうダメです。

「一緒に寝るのが苦痛」

となってしまい、仲も悪くなるのは目に見えています。

そうなる前に、いびきのうるさいパートナーのいびきを、きちんとあなたが治してあげたら、今の関係性を悪くしないことの役にも立つのではないかと思います。

そうしたら、毎日静かに眠ることができて、いい睡眠をとれるかもしれませんよ。

スポンサードリンク