不眠症を3分以内に治す呼吸法があるって知ってます?

眠たくても眠れない夜ってありますよね。

その眠れない大きな原因の1つが自律神経の乱れによるものです。

自律神経の乱れの原因は主にストレスなのですが、現代においてストレスをなくすのは難しいですよね。

完全にストレスを0にするのはあきらめるしかないと思います。

ですが、ストレスを0にすることを諦めたとしても、不眠症を治すことを諦める必要なんてありません。

それどころか、軽い不眠症ならば、数分で治る可能性だってあります。

その方法についてみていきましょう。

スポンサードリンク

・不眠と呼吸法の関係

不眠症を治すのに、呼吸の仕方は大いに関係があります。

そもそも呼吸の仕方というのは、人の体に大きな影響を与えることで知られています。

例えば、マラソンのときは

「吸って吸って、吐く」

という呼吸をすることが一般的です。

その呼吸法をとるだけで、同じ距離を走ったとしても、疲れ方は全く違います。

このように、呼吸の方法は私たちの体に影響を与えます。

つまり、呼吸法を変えることによって、私たちは自律神経の乱れを一時的にコントロールできるようにもなります。

では、実際にどのように呼吸をすれば不眠症の解決につなげることができるのでしょうか?


スポンサードリンク




4-7-8呼吸法

4-7-8呼吸法とは、ヨガを応用した呼吸法です。

心の安らぎを取り戻させる呼吸法とも言えますね。

ストレスの溜まっている人にはおススメの呼吸法です。

・4-7-8呼吸法とは?

4-7-8呼吸法の数字が示しているものは、それぞれの段階のカウント数です。

ここでは、1カウント1秒としておきましょう。

呼吸はそれぞれ3段階に分かれています。

1.息を吸う

2.息を止める

3.息を吐く

の3段階です。

つまり、4-7-8呼吸法とは、

4秒間息を吸って、7秒間息をとめ、8秒間息を吐く

ということです。

このように呼吸をすることで、精神的なストレスから一時的にではありますが、解放されることでしょう。

4-7-8呼吸方を試す上での注意点

4-7-8呼吸法を試す上で注意してほしいことがあります。

それは、この呼吸法に慣れるまで、継続して行ってほしいということです。

この呼吸法を使えば、すぐに眠れるようになるとは言っても、

慣れていない呼吸法では、意識がそっちに行ってしまい、逆に眠くなくなってしまう可能性もあります。

ですので、まずは意識せずに4-7-8呼吸法をできるようになるまで継続してやってほしいと思います。

4-7-8呼吸法は様々な場面で役立つ

4-7-8呼吸法は一時的にストレスをなくさせるというものです。

これは、神経を落ち着けるということを意味します。

なので、緊張をほぐしたいときにも役立てることができます。

・試合の前

・プレゼンの前

・告白の前

など、4-7-8呼吸法を身に付けていると、そこまで緊張せずに行動をとることができます。

大切な場面において、いい緊張は必要かもしれませんが、過度な緊張は必要ありません。

4-7-8呼吸法を身に着けておくことで、意外な場面で使うことがあるかも・・・。

まとめ

呼吸の方法は人の自律神経に大きな影響を与えます。

今回紹介した4-7-8呼吸法は、ストレスの多い現代社会に大いに役立つでしょう。

ここからは少し余談なのですが、

私は1日の睡眠時間は約3時間に決めているので、

「ベッドに入ったらすぐに眠りたい」

という願望が誰よりも高いと自負しています。

数十分眠れないと、時間制限がある分きついので・・・・。

ですが、基本的には3分程度で眠ることができています。

それは、4-7-8呼吸法によるところが大きいです。

ということで、不眠症の人にはぜひこの呼吸法を試してもらいたいと思います。

スポンサードリンク