目の下のクマをなくしたい!①~クマの原因は寝不足だけじゃない~

顔の印象を大きく左右するのはであることは間違いありません。

目が疲れていては、顔全体も疲れて見えますし、第一印象からそれでは、良いイメージを持たれにくくなってしまいます。

女性の場合、ある程度なら化粧で誤魔化せるかもしれませんが、男性の場合はそういうわけにはいきませんよね。

なので、疲れている印象を与える目は避けたいものです。

では、どんな目が疲れた印象を与えるのでしょうか?

スポンサードリンク

・目の下のクマの効力

どんな目が疲れた印象を与えるのかというと、色々なパターンがあるでしょうが、間違いなく言えることは、目の下のクマは致命的だということです。

なぜ目の下のクマが疲れた印象を与えるのかというと、

それは目の下のクマが「寝不足だからできるもの」というイメージがあるからでしょう。

まあ、単純にクマの色が暗いということもあるでしょうけどね。。

目の下のクマには他にも、

・暗い人

・覇気にかける人

・仕事ができない人

・何かに追い詰められている人

といった印象も与えてしまいます。

このような印象を相手に与えてしまっては、商談でも上手くいきにくくなりますし、

就職活動をしている人にとっても致命的でしょう。

当然、恋愛方面でも悪い影響が出ることは間違いありません。

なので、目の下のクマはないに越したことはありません。

ですが、寝不足でもないのにクマができてしまうことってありませんか?

そんな時って皆さんはどうしていますか?

諦めてはいませんか?

目の下のクマは寝不足だけが原因ではありません。

なので、目の下のクマをなくすことを諦める必要はないのです!
スポンサードリンク



目の下のクマの種類と原因

目の下のクマと言っても、実は大きく分けて3種類あります。

目の下のクマをなくしたいのならば、

その3種類のうちどれに当てはまるのかを把握してからの方がより効果的に目のクマをなくすことができます。

なので、下に挙げる目のクマのどれに当てはまるのか考えてみましょう。

1.青グマ(青クマ)

目の下が青っぽくなっていたら、それは青グマである可能性が高いです。

青グマが最も一般的なクマなので、自分がどの種類のクマに悩まされているのか分からないのならば、

青グマだと仮定して対処していけばいいです。

青グマの原因

青グマの原因は、血行不良により毛細血管が浮き出ることが原因です。

以下に挙げる原因は、全てこれに起因します。

・ストレスによる血行不良

・睡眠不足による血行不良

・栄養不足による血行不良

・疲労による血行不良

・生まれつき肌が薄くて、毛細血管が浮かびやすい

・パソコンを長く使うことによる目の疲れによる血行不良

2.黒グマ(黒クマ)

黒グマは目の下の筋肉がたるみ、そこが凹んでしまうことによってできるクマです。

このクマは、凹みからくるものなので、コンシーラーで隠すことが難しいため、対処が厄介なクマです。

このクマの見極め方として、

「生活リズムは若いころと同じなのに、クマが出てきた」

というような人は黒グマだと考えてもいいでしょう。

黒グマの原因

黒グマの原因は、目の下の筋肉が緩んだり、目の下の皮膚が薄くなったりなってしまうことです。

もっと具体的に言うと、

・加齢により目の下の筋肉が緩む

・生まれつき目の下の皮膚が薄い

・コラーゲンの減少によって、皮膚がたるむ

などが挙げられます。

黒グマは、生活習慣があまり関係しない分、ただ生活を見直しただけでは治らないため、

何らかの策を講じなければいけないのが特徴です。

3.茶グマ

茶グマは目の下の色が薄くなっているような状態です。

茶グマの場合、いきなり現れることはないです。

しかし、この点を除いては青グマとの差別化は難しいかもしれません。

茶グマの原因

茶グマの原因は、目の下の皮膚の色素沈着によるものです。

色素沈着はあらゆる形で発生してしまいます。

その具体例としては、

・目のこすりすぎによる色素沈着(摩擦の影響)

・肌のターンオーバーの遅れによる色素沈着

・肌に合わないマスカラを使っている

・落としきれない化粧品による色素沈着

・紫外線による色素沈着

これらの要因によって、茶グマが発生してしまいます。

・青クマの原因と解消法

・黒クマの原因と解消法

・茶クマの原因と解消法

スポンサードリンク