目の下のクマをなくしたい!③~茶クマの原因と解消法~

茶クマとは、茶グマとも言われ、なかなか治しにくいクマとして知られています。

この茶クマは、普通のクマとは違い化粧で誤魔化すのも難しいため、

きちんと治しておくべきクマです。

では茶クマはどのようなことが原因でできるクマなのでしょうか?

スポンサードリンク

・茶クマの原因

まず始めに理解しておくべきこととして、

茶クマは、寝不足などが原因となるような一般的なクマではなく、

紫外線などが原因でできるシミと同じようなものとして捉えた方がいいです。

それを踏まえて、茶クマの具体的な原因について見ていこうと思います。

・肌のターンオーバーが遅れている

肌のターンオーバーが遅れてしまうと、肌が荒れるだけでなく、茶クマの原因にもなってしまいます。

ターンオーバーは正常28日周期と言われていますが、

茶クマができるほどのターンオーバーの遅れは、その倍の期間である、50日程度でしょう。

・紫外線の影響

紫外線は肌に良くありません。

シミなどをつくってしまいます。まあ常識ですが・・・。

茶クマは、このシミと同じに考えてもいいものです。

なので、なるべく紫外線対策をすることをおススメします。

夏場に紫外線対策をする人は多いと思いますが、実は冬にも紫外線対策は必要です。

年中紫外線対策が必要と言うことですね。

・摩擦

顔のこすりすぎによる摩擦も茶クマの原因となります。

「そんなにこすることってあるの?」

と思う人もいるでしょうが、実は結構な人が顔をこする習慣があります。

それは、

・花粉症により目をこすってしまう

・洗顔するときに必要以上にごしごし顔をこすってしまう

などのパターンが良く見られます。

洗顔に関して言っても、顔は泡で洗うのであって、摩擦で洗うものではありません。

あらゆる場面で、顔をこするのは良くないです。

ごしごし洗う癖がついている人は、辞めた方がいいかもしれませんね。

・化粧の影響

・自分の肌に合わない化粧を使っている

・化粧をきちんと落としていない

このような場合、化粧が茶クマの原因になりやすいです。

また、肌が荒れる原因にもなります。

上のようなことが習慣づいてしまっては、肌が荒れ、クマもできるというとても残念な感じになってしまいます。

第一印象とか考えると、本当に避けたいですよね。
スポンサードリンク



・茶クマの解消法

・紫外線を避ける

紫外線を浴びると、メラニンが増加してしまい、色素沈着を起こしてしまいます。

色素沈着は、茶クマの直接的な原因です。

そのため、

・帽子をかぶる

・日焼け止めをぬる

・日光にあまり当たらないようにする

などの紫外線対策が必要になります。

・肌のターンオーバーを正常に保つ

肌のターンオーバーの遅れは茶クマの原因です。

なので、肌のターンオーバーを正常に保つ

・プラセンタ

・ビタミンC誘導体

などの成分が含まれた化粧品を使うといいでしょう。

これらの成分は、すぐに肌をきれいにするものではありませんが、

上手くいけば28日以内にクマを解消することができます。

・洗顔の仕方を変える

洗顔はしっかりと行わなければなりません。

ですが、

「顔をきれいにしたい」

という気持ちが強すぎて、顔をこすりすぎな人が多いイメージがあります。

そのような人は、洗顔の仕方を変えるべきです。

洗顔は基本的に「泡で顔を洗う」ものです。

手で顔を洗うような洗顔の仕方は、肌を痛めてしまいます。

100均などで売っているような泡立てネット等を使えば、

泡だけで洗顔できるほど泡が立ちます。

そのようなアイテムを使って、顔をこするような洗顔をしないようにしましょう。

・クマを治す専用のクリームを使う

世の中の女性の8割以上が目の下のクマで悩んでいると言われています。

そのため、目の下のクマを治すための専用のクリームがあります。

様々な商品があるのですが、アイキララなどは割とネット上でも評判がいいです。

アイキララは、ビタミンC誘導体も配合されていますし、肌自体をきれいにする商品でもあります。

目の下のクマの解消のために買うのは、経済的に痛いですが、

全額保証制度もあるので、どうしてもクマを治したいなら、試してみるのもありかもしれませんね。

【モニターの80%がその効果を実感!】クマを本気で改善『アイキララ』


スポンサードリンク