マットレスは低反発?高反発?特徴の違いと効果をまとめてみた。

&
マットレス選びや、枕選びをするときに、

「低反発」「高反発」という言葉をよく聞きますよね?

ですが、この言葉の意味を理解している人は少ないように思います。

ましてや、それぞれが睡眠にどのような影響を与えるのか理解している人はさらに少ないでしょう。

しかし、マットレスを選ぶ際に

「低反発」のものを選ぶのか、

「高反発」のものを選ぶのかは、睡眠の質を変えるカギとなります。

なので、それぞれの特徴を把握しておくべきでしょう。

スポンサードリンク

低反発とは?


低反発とは、「反発力が低い」ということです。

「そのまんまじゃねーか!」

ってなりますよね。

でもそうです。

そのまんまなのです。

しかし、反発力が低いということで様々な効果が発揮されることになります。

例えばですね、反発力が低いということは、体の圧力がなくなった後、

すぐには元の形に戻らないということですよね?

つまり、普段低反発マットレスで寝ているとき、

マットレスの形は「じわじわ」と変わっているということです。

これが意味するのは、

低反発マットレスは「体を包むようにして眠ることができる」ということです。

下で低反発マットレスのメリットを挙げていますが、

その1つが「寝心地が良い」ということは、「低反発」というワードで分かりますね。

高反発とは?


高反発とは、「反発力が高い」ということです。

これまた、低反発と同様に

「そのまんまじゃねーか!」となりますよね。

ですが、反発力が高いということが、あらゆる影響を睡眠に与えることになります。

ここで、睡眠に与える例を1つ挙げてみたいと思います。

反発力が高いということは、圧力を加えた後にすぐに元の形に戻るということですよね?

まあバネやゴムのようなイメージでいいと思います。

すぐに元に戻るということは、低反発とは違い、

「シャキッ」と戻るということです。

「じわじわ」戻る低反発マットレスとは違います。

イメージで分かると思いますが、

「じわじわ」戻る低反発の方が、「シャキッ」と戻る高反発よりも

ダメージの吸収力が高いです。

言い方を変えれば、高反発は力を加えても吸収されにくくなります。

これは、高反発マットレスの方が「寝返りを打ちやすい」ということを意味します。

低反発マットレスのメリット・デメリット

低反発マットレスのメリット

  • 寝心地が良い
  • 安いものも多い

低反発マットレスのデメリット

  • 寝返りを打ちにくい
  • 腰痛になりやすい
  • 通気性が悪い
  • 耐久性が悪い

・寝心地が良い

先ほども例で挙げましたが、低反発マットレスは「包まれるように」寝ることができるため、

寝心地が抜群にいいです。

そもそも低反発が開発されたのは、宇宙飛行士の衝撃を吸収させるためなので、

その効果は折り紙付きでしょう。

・安いものも多い

低反発マットレスは、高反発マットレスと比べて安いものが多い傾向にあります。

本当に安いものだと、寝心地が良くても8000円程度で買えてしまえます。

まあある程度の値段のものには質で劣ってはいますが、、、、、

ですが、高反発マットレスと同様の質の低反発マットレスを比べると、1万円近い金額の差があります。

・寝返りをうちにくい

低反発マットレスは、ダメージの吸収力がものすごく高いです。

そのため、寝返りを打とうとするとき、マットレスへの力が吸収されてしまう傾向にあります。

そのため、寝返りが打ちにくく、体の体勢を変えづらいです。

・腰痛になりやすい

低反発マットレスは、ずっと腰が沈んだままになる可能性が高いです。

すると、腰にとっては不自然な形で長時間過ごすことになってしまうので、

腰痛になる危険性が高まります。

低反発マットレスを使い始めてすぐは気にならないかもしれませんが、

数か月と使うことになれば、影響が出てくるかもしれません。

・通気性が悪い

低反発マットレスは通気性が悪いです。

通気性が悪いと、寝ているときにかく人の汗により熱が発生してしまいます。

そのため、夏の夜は部屋の温度を結構上げてしまうことになります。

・耐久性が悪い

「安いものが多い」というメリットと表裏関係にあるようにも思えますが、

低反発マットレスは、高反発マットレスよりも耐久力がありません。

高反発マットレスが4年もつとしら、低反発マットレスの寿命はせいぜい2年です。

まあ大体半分ですね。

それを考えたら、安いのは当然なのかも?


スポンサードリンク




高反発マットレスのメリット・デメリット


高反発マットレスのメリット

  • 体が疲れにくい
  • 通気性が良い
  • 耐久力がある

高反発マットレスのデメリット

  • 硬い
  • 値段が高い

・体が疲れにくい

高反発マットレスは、形が「シャキッ」と変わるので、体勢が変わるとすぐに対応してくれます。

そのため、体に負担がかかりにくいです。

寝返りを打ちやすい、腰痛になりにくいといった特徴も、

この観点から説明することができます。

・通気性が良い

寝具を選ぶ上で、通気性の考慮は必須です。

部屋の湿度、部屋の温度を眠り始めたときの状態に保ちたいのなら、高反発マットレスが良いでしょう。

通気性が良いという理由により、

年中心地よく使えるマットレスは「高反発マットレス」です。

・耐久力が高い

年中心地よく使える上に、高反発マットレスは耐久力も高いです。

「常に良いものを使い続けたい」と考えるならば、高反発マットレスの方がお得かも?

・硬い

高反発マットレスは、低反発マットレスとくらべて硬いです。

そして、寝心地でも勝てません。

(当然、良いものになればそんなことはありませんが)

なので、低反発マットレスでずっと心地よく眠ってきた人は、

最初のうちは寝付くことができないかもしれません。

・値段が高い

高反発マットレスは安いものでもそれなりの値段します。

「耐久性が高いからまあいいや」

と割り切って考えれない人にとっては、致命的なデメリットになりえると思います。

・まとめ


低反発マットレスと高反発マットレスのメリット・デメリットはどうだったでしょうか?

様々な異なった特徴がありました。

自分にとって、どの特徴を優先するかでマットレスの選び方は大きく変わると思います。

「寝心地が良い方がいいから低反発を買おう」

「腰を痛めたくないから高反発を買おう」

というような決め方でいいと思います。

大切なのは、自分の睡眠を守るために、しっかりと考えて買ったかどうかではないでしょうか?

スポンサードリンク