睡眠時無呼吸症候群の原因と危険性とは?病院は何科?

現在、「質の高い睡眠」をとることができている日本人は少ないとされています。

眠った後でも疲労感が消えない。

ずっと眠気がとれない。

集中力の欠いている日々が続く。

などは、全て睡眠の質に原因があるのかもしれません。

ここでは、睡眠中に起こる最も危険な症状の1つとして挙げられる「無呼吸症候群」について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

・無呼吸症候群とは?

無呼吸症候群とはSASとも呼ばれ、睡眠中に呼吸が止まってしまうことです。

いびきをしていた人が急にいびきを詰めるようにして、いびきをしなくなることってありませんか?

あんな状態のことです。

無呼吸症候群の見分ける判断としては、

10秒以上息が止まることが、

1時間に5回以上ある

OR

1日に30回以上あること

とされています。

このような人は無呼吸症候群の可能性があります。

「息が止まる」と聞いたら、

「そんなのありえない」「そんなの他人事だ」

と考える人もいるでしょうが、決してそんなことはありません。

無呼吸症候群は患者数が約20万人、そして潜在的患者数が約300万人と言われています。

多くの人が無呼吸症候群の可能性があるということになりますね。

・無呼吸症候群の種類

無呼吸症候群には2タイプあります。

・閉塞性無呼吸タイプ(OSA)

まず1つ目のタイプは、閉塞性無呼吸タイプと言われているものです。

無呼吸症候群は90%がこのタイプに該当します。

閉塞性無呼吸タイプは簡単に言うと喉や気道が狭くなり、呼吸が行うのが難しいために無呼吸となるというものです。

・中枢性睡眠無呼吸タイプ(CSA)

2つ目のタイプは、中枢性無呼吸タイプと言われるものです。

無呼吸症候群患者の数パーセントのみがこれに該当すると言われています。

睡眠中も私たちは当然に呼吸をしています。

また、その際に脳が完全に休むことはありません。

しかし、中枢性無呼吸タイプでは

脳が休まってしまう

OR

「呼吸する」というサインを送らなくなってしまう

ために無呼吸となってしまいます。

・無呼吸症候群の危険性とは?

では、無呼吸症候群になるとどのように危険なのでしょうか?

無呼吸症候群になると、心臓や脳に十分な量の酸素が送られなくなってしまいます。

すると、睡眠の大事な機能である、

「身体疲労の回復」

「精神的疲労の回復・ストレスの軽減」

「脳による記憶整理」

の3つの機能の全てに影響を与えてしまいます。

まあ3つに影響を与えてしまった場合に、「眠った」と言えるのかどうかも疑問ですからね。

そのため、

疲労感が消えない。

集中できない。

ストレスがたまる。

常に眠気がある。

全く記憶が定着しない。

ということになりかねません。

こんなことでは、間違いなく勉強にも仕事にも影響が出てしまいます。

また、このようなことだけではなく、

心臓の病気にかかったり、脳機能に障害が発生したりすることもあります。

睡眠中の酸素の供給というのは、それほどまでに重要なことなのです。

先ほどからも説明しているように、無呼吸症候群では呼吸が止まります。

そのことからも察することができるように、最悪の場合

命の危険もあります。

それほどまでに、無呼吸症候群は危険なのです。
スポンサードリンク



これほどまでに危険な無呼吸症候群の原因とは何なのでしょうか?

・閉塞性無呼吸(OSA)タイプの場合

閉塞性無呼吸タイプは、喉や気道が狭くなっています。

なので、なぜ狭くなってしまっているのかを考えればいいです。

まず肥満が考えられます。

喉や気道付近にも脂肪はつきます。

その脂肪のせいで、気道が狭くなり、呼吸がしづらくなるということです。

次に、扁桃腺が大きいということが挙げられます。

扁桃腺とは、喉の奥の側面にあるリンパ腺のことで、人によってはこの扁桃腺がはるかに大きい場合があります。

このような人は、扁桃腺が邪魔して空気の通り道が狭くなってしまっています。

そのため、呼吸がしづらく無呼吸症候群となるのです。

次に、あごが小さい人も特徴として挙げられます。

あごが小さい人は、他の人よりもあごの筋肉が発達していますし、元々の空気の通り道も狭いです。

そのため、無呼吸症候群になりやすい輪郭であると言えます。

中枢性睡眠無呼吸(CSA)タイプの場合

この場合は、脳に何かの問題があると考えられます。

「喉や気道が狭くなる」閉塞性無呼吸タイプとは違い、脳の働きは私たちが考えている以上に精密で複雑なため、原因を挙げることは残念ながら医者でも難しいです。

そのため、ここでハッキリと中枢性無呼吸タイプになる原因を挙げることはできません。

・無呼吸症候群の対処法

無呼吸症候群はとても危険です。

そのため、自分が無呼吸症候群だと思ったら病院に行くのが1番いいと思います。

医者でも判断は難しく、治療が難しいとされているので、自分で治すのはさらに困難かと思われます。

そして、きちんとした治療を受けるために、病院は「睡眠外来」「睡眠センター」といった専門の機関がある場所がいいです。

少なくとも、個人院ではなく設備の整っている大きな病院にしましょう。

「睡眠外来」などがない場合、内科、呼吸器科、循環器科、耳鼻咽喉のどれかに行くべきですが、それぞれの病院で、「睡眠」に関する治療をどこで行うかは決まっていません。

なので、それぞれの病院でどの科にに行けばいいか聞く必要があります。

・まとめ

無呼吸症候群について知りどうだったでしょうか?

無呼吸症候群を治すことで、毎日を快適に送ることができるかもしれません。

また、質の高い眠りをとることができ、様々なメリットも受けられるかもしれません。

仕事をするにしても、勉強をするにしても、快眠をとることは最も優れた手段の1つです。

なので、「仕事のできる人になりたい」と考えるならば、遠回りのように感じるかもしれませんが、実は「睡眠」を変えることが近道だったりするかも?

スポンサードリンク