【朝に弱い人必見】アッと驚く寝坊をしない方法5選!

「明日は大事な会議がある」

「早寝早起きを習慣づけたい」

「今日は2時間しか眠れない」

「明日は大切な模試だ」

このようなとき、早く起きなければいけません。

特に、仕事上の用事がある場合に遅刻は許されることではありません。

寝坊というのは、社会人としてはなってはならないですしね。

そんなときのためにも、必ず目を覚ますことのできる方法を知っておくといいでしょう。

スポンサードリンク

・早起きできることのメリット


早寝早起きは健康にいいと言われています。

また、早寝早起きを心掛ける人の方が、仕事ができ出世できることも知られています。

なので、早寝早起きをしようと考える人がいますが、そんな人はまず早く起きることだけを意識するべきです。

早く起きると、当然早く眠たくなります。

つまり、早く起きる習慣が早寝早起きの習慣へとつながります。

・寝坊の恐怖


寝坊は誰でもしたことがあるはずです。

しかし、絶対にしてはいけないときに寝坊したことがある人はほんの一握りなのではないでしょうか?

例を挙げてみると、

・大事な会議の朝

・入試の朝

・海外旅行の日の朝

などは寝坊したら結構大変ですよね?

中には人生を変えてしまう場合だってあります。

ですが、このような日に寝坊してしまう人もいます。

そんな人は「寝坊しない!」という意思が弱かったのではありません。

ただ、朝寝坊しない方法を、朝しっかり起きる方法を知らなかったのです。

寝坊により人生を台無しにしてしまう前に、寝坊しないですむ方法を知っておくべきだと思います。

・寝坊しない方法


ここでは、簡単に思い浮かぶような方法は排除しています。

寝坊しないために、目覚ましをいくつも設置するだとか、設置場所を工夫するだとかは、誰かに言われなくても分かるであろうことなので、そのような方法は実践しているものとしています。

下は、みんなが思い浮かぶ方法とは異なった方法を挙げています。

1、アラーム音を変える

目を覚ますために、大きな音でアラームをかけるのは当然です。

その音の選択も、なるべくうるさいものを選ぶようにしていませんか?

その選択は、目を覚ますということにおいて正しいです。

しかし、ずっと同じアラーム音だと目を覚ます効果が低くなってしまいます。

そのため、日々アラーム音を変えて、そのアラーム音の効果を高く保つようにしましょう。

2、暖房をセットしておく

目を覚ました後に起きることの最大の敵は寒さです。

冬に起きるのがつらいことを思い出してくれれば分かると思います。

また、寒さには睡眠を継続させる効果もあります。

なので、目を覚ました後のことと、目を覚ます前の睡眠中のことの両面から考えて、寝坊を防止するために、暖房が効果的であることが分かります。

起きる予定の30分程度前に暖房がONになるように予約しておき、部屋を暖めておけば、スッと起きることができるでしょう。

3、カーテンを開けておく

必ず起きるために、音に注目する人は多いですが、光に注目する人はあまりいません。

ですが、ひかりも立派な目を覚まさせるアイテムです。

暗い中で眠っているときに、光を付けられたら目を覚ましますよね?

それと同様のことを自然の力で行います。

それが、朝日によって目を覚ますための「カーテンを開ける」という行為です。

この方法は、朝日が差し込む位置に寝床があり、晴れた日限定になってしまいますが、目覚ましの中には光で起こすものもあります。

朝日に頼るのが不安だという人は、その光時計を買えばいいでしょう。


スポンサードリンク




4、飲み物を近くに置く

朝起きて、布団から出るのがつらく、二度寝してしまうことがありますよね?

それを避けるために、布団から出なくても手の届く位置に飲み物を置いておくことをおススメします。

睡眠中は神経が休まっているのですが、飲み物を飲むことで、神経が活動を始めます。

また、飲み物を飲むことは、脳の活動も始めさせます。

結果、飲み物を飲むことは二度寝を避けることにもつながります。

二度寝をしなくなれば、寝坊の数が減ることは間違いないでしょう。

5、人に頼る

人に頼るというのも究極的な寝坊防止法です。

これは誰にでも思い浮かぶ方法かもしれませんが、効果が高いので紹介します。

この方法は、モーニングコールをかけてもらうよりも、モーニングコールをかける側に回った方が効果が高いです。

つまり、

「朝私から電話が来なければ、起こすために電話して」

というのが理想的な人の頼り方です。

モーニングコールをかけなければ、モーニングコールで起こされる不快感を味わわなければいけなくなるため、モーニングコールを変えられる側よりもスッキリおきることができます。

また、寝ぼけて電話に出た後に二度寝するという事態も避けることができます。

・まとめ


寝坊すると、その日の朝の精神状態は最悪ですよね?

寝坊して「どうしよう、どうしよう」と思ったところで何も解決策はありません。

朝起きてから向かう先までずっと恐怖感があるままです。

そんなの絶対嫌ですよね。

なので、私たちは健康のために質の高い睡眠をとる必要があるのと同様に、

人生のために寝坊しない方法を知っておくのも必要です。

スポンサードリンク