旅行の移動も快眠を!ネックピローによる効果とは?

最近では、「趣味が旅行」という人はとても増えてきていますよね。

私自身も旅行はとても好きです。

海外の世界遺産を見に行ったり、国内の旅館でゆっくりするのは最高です。

日帰りで温泉なんて言うのもいいですよね。

夏はペンションに友達と泊まるという大学生もいるのではないでしょうか?

そんな楽しい旅行の必須アイテムは「ネックピロー」だと私は思います。

それはなぜか?

スポンサードリンク

・ネックピローの効果


ネックピローはその名の通り、首に巻く枕のことです。

ネックピローは、車・新幹線・飛行機で過ごす移動中の疲れを癒すことのできる重要アイテムです。

・肩こり

もしネックピローがなければ、頭が固定されずに、眠ることもろくにできません。

起きたまま移動時間を過ごすとしても、頭が固定されていない状態なので、居心地の悪い体勢のまま過ごすことになってしまいます。

そのような体勢で過ごすことは、肩こりの原因になりえます。

これは当然旅行の後にも継続することになってしまいます。

・疲労が溜まる

たとえ疲れを癒すための旅行だとしても、移動中というのは疲れが溜まるものです。

ネックピローには疲れを蓄積させない効果もあります。

特に、飛行機で海外へ行くときなど、機内で寝ることもありますよね?

そんなとき、普通の枕ではなくネックピローを使うことで、普通に横になって眠っているときに近いくらいの質の高い睡眠をとることもできます。

このような睡眠を移動中にとることで、さらに疲労の蓄積を避けることができます。

・ネックピローの選び方


ネックピローでも適当に選んでいては、上で説明したような効果を得ることはできません。

100均で売ってあるようなネックピローで熟睡できるとは思えないですもんね。

なので、ネックピローは真剣に選ぶ必要があります。

・安定感はあるか?

ネックピローの大きな役割は、「頭を固定すること」です。

頭がしっかりと固定できれば、眠ることも苦痛ではなくなります。

デスクで頭を伏せて眠ることってありますよね?

そんな座った状態でも眠ることができるのは、しっかりと頭を固定してくれるからです。

逆に頭が固定できなければ眠るのは難しいですし、疲れも溜まっていく一方です。

なので、頭を固定できないような小さすぎるネックピローは選ばない方がいいです。

スポンサードリンク



・寝心地はどうか?

ネックピローの中には、寝心地が悪いものもあります。

そんなネックピローはたいてい体の圧力を分散できていません。

そのため、体の圧力が一部に集中してしまうことになります。

それは、血行が悪くなるということを示します。

なので、ネックピローの機能を考えるからこそ、寝心地の良さを追求する必要があります。

・ネックピローの種類


ネックピローには大きく分けて下の2種類あります。

  • 空気を入れて膨らますタイプ
  • クッションタイプ

・空気を入れて膨らますタイプ

メリット

 ・コンパクトにできる

空気を入れて膨らますタイプのネックピローは空気を入れなければコンパクトです。

寝心地のいいネックピローの場合、結構サイズの大きなものであることが多いので、旅行では邪魔になることがありますが、このタイプでは問題にはなりません。

デメリット

 ・寝心地が悪い

 ・空気が抜けていく

空気を入れて膨らますので、逆に反発力が均一ではなくなります。そのため、柔らかいヵ所や硬いヵ所ができてしまい、寝心地がよくありません。そのため熟睡するのは難しいでしょう。

また、時間が経つにつれて空気が抜けていく可能性が高いです。浮き輪と同じような感じですね。

しかし、浮き輪とは違い、ネックピローは頭を支えるものなので、少し空気が減っただけでも気になって寝付けません。本当に寝心地のいいネックピローがほしいのならば、空気を入れるタイプは避けた方がいいかもしれません。

・クッションタイプ

メリット

  ・寝心地がいい

クッションタイプのネックピローは、体の圧力を分散してくれるようになっているものが多いため、寝心地がとても良いです。また、空気を入れるタイプのネックピローと比べ、肌触りもいいです。

そのため、たとえ移動時間中だとしても快眠をとれるアイテムとなりえます。

デメリット

  ・かさばる

やはり、クッションタイプの最大のデメリットはかさばることです。旅行ということを考えると致命的な気もしますよね。

メリットである「寝心地の良さ」を得ようと思えば、それなりの大きさのネックピローが必要になります。手さげバックに入るか入らないかくらいの大きさになるでしょう。

荷物がほとんどないお気軽旅行の場合はいいかもしれませんが、そうでない場合は持っていくのは厳しいかもしれませんね。

・まとめ


ネックピローがあれば旅行の移動も快適になることは間違いないです。

しかし、荷物になるということも見逃すことのできない事実と言えるでしょう。

それでも私はネックピローを持つことをおススメします。

それは、普段私が旅行に持っていく荷物が少ないということもありますが、旅行が終わった後に、

「あ~疲れた~」

よりも

「あ~楽しかった~」

と思いたいからです。

スポンサードリンク