【受験生必見】エアコンの温度調整で眠気対策!集中して勉強するには?

受験生にとって眠気は大敵であり、絶対に経験するものです。

ひとたび眠気を感じてしまっては、集中力も低下してしまいますし、「早く目を覚まさなければ!」と考えてしまい、気持ち的に焦りが生じてしまいます。

なので、受験生にとっては眠気を覚ます方法も重要ですが、そもそも眠気を感じないようにする環境づくりが大切であると言えます。

その環境づくりにおいて、気温の調整はとても大切です。

スポンサードリンク

・エアコンの効果

・エアコンの冷房効果

夏は受験にとって、とても大切な期間であることは間違いありません。

そこで多くの人が、集中して勉強するために冷房をつけることでしょう。

この行為は勉強をする上で、正しい行為であるといえます。

暑いまましまうと、集中することもできません。

また、「冷房のせいで眠たくなる」という人も聞いたことがありません。

なので、自分にあった温度に設定して勉強をすればいいでしょう。

・エアコンの暖房効果

受験の直前は冬です。

冬に勉強に集中できないなどあってはなりません。

なので、自分が寒くないようにリラックスできるくらいの気温で暖房をつけることがほとんどでしょう。

しかし、それでは眠気に襲われることになります。

眠気とはリラックスしているときに襲われるものです。

暖房は冷房と違って、人にリラックス効果を与えます。

落ち着きたいときに、暖かいお茶やコーヒーを飲むのはこのような理由からです。

なぜリラックスすると眠くなるかというと、副交感神経が働くからです。

副交感神経が働くと、睡眠ホルモンのメラニンを分泌します。

メラニンが働けば、当然に眠気に襲われることになります。

こたつに入ると眠くなるのも、この理由からです。

残念なことに、眠気に襲われたら、眠気を覚ますことはできても再び集中力を取り戻すのは難しいです。

解決策は、仮眠を取るなどの手段しかなくなってしまうでしょう。

しかし、少しでも勉強時間を確保したいのならその眠気が来ないように暖房の温度設定をする必要があります。


・理想的な温度設定

しかし、暖房をつけないと寒すぎて勉強にはなりません。

そこで、暖房の理想的な温度設定は、少し肌寒く感じるくらいの温度です。

そもそも、勉強する上でリラックスできる温度に設定するのも間違いです。

勉強をすると、知らず知らずのうちに体温が高まります。

これは、集中することにより脳が活発に働くからでしょう

テスト中など、頭のいい人こそいつもより薄着になっていたり、冬なのに腕まくりをしていたりするのを見たことがないでしょうか?

それは、本能的に体が暑くなるのが分かっているからです。

なので、眠気という観点からだけでなく、集中力という観点からも、温度設定はリラックスできる温度よりも下げるのがいいです。

(リラックスできる温度 ー 3)度くらいの温度設定でいいでしょう。


・温度設定以外の眠気対策

暖房器具の温度設定以外にも、気温に関係した眠気対策は存在します。

それは、勉強の休憩などの時間に冷たい空気に触れることです。

冷たい空気に触れることで、先ほどの理由から、眠気を覚ます効果があります。

また、集中してしまった脳をクールダウンする効果も期待できます。

それに、勉強の合間であれば体が熱くなっているので、外の冷機も不快に思うほど冷たくは感じないのです。


スポンサードリンク



・まとめ

眠気と気温は関係があるものです。

エアコンの冷房は、自分に合う温度設定にすれば勉強の効率が上がります。

エアコンの暖房は、自分に合う温度設定にしてしまうと、リラックス効果により、副交感神経が働き、睡眠ホルモンのメラニンが分泌されることにより、眠くなってしまいます。

なので、眠気対策としては温度設定を低めにすることをおススメします。

また、低めの温度設定は集中力を高めるのにも有効な手段です。

なので、「リラックスして勉強したいから」という感覚を持っているのなら、それは捨てるべきでしょう。

勉強の休憩中に、冷たい外気に当たることも有効な眠気を覚ます方法になります。

また、この方法も先ほどと同様に、次に勉強し始めるときにより集中して勉強できるようになるために有効であると言えます。

ただ起きているだけではなく、集中して何かに取り組まなければいけないときに、眠気に襲われたら仮眠をとるのが集中を取り戻しつつ、眠気を覚ます最も有効な手段であり、唯一の手段です。

しかし、眠気対策というのは、眠気が起きること自体を防ぐことが最善だと思います。

なので、受験生は常に温度設定に気を使うべきでしょう。

スポンサードリンク