一瞬で眠気を吹っ飛ばす!眠気に効くおススメの薬はこれ!!

眠たくて仕方のないときに、ある程度まで眠気があったらコーヒーなどは無力になってしまいます。

そんなときはもう薬に頼るしかないでしょう。

コーヒーよりも気軽に摂取することができますし、効果も絶大です。

また、眠気覚ましの薬の主成分は、無水カフェインなのですが、商品選びによって、カフェインの摂取量も変えることができるので、常に過度なカフェインを摂取しなければならないということはありません。

また、薬は今ではネットを通して気軽に購入することもできるので、いざというときのために持っておくのはいいかもしれません。

ここではおススメの眠気覚ましの薬を紹介していきたいと思いますが、ここで紹介する薬は全て第三医薬品です。

いきなり第三医薬品と言われても分からないと思うので、第三医薬品についてまず説明していきたいと思います。

・第三医薬品とは?

第三医薬品とは、

「たとえその薬を利用することで人体に悪影響をもたらしてしまうとしても、その悪影響が日常生活に支障を来たすレベルではない」

ような薬のことです。

アリナミンEXやハイチオールCなども第三医薬品です。

ビタミン剤なども第三医薬品となりえる薬です。

第三医薬品は、用法用量に注意するべき薬という認識でいいです。

たとえ日常生活に支障はないとしても、副作用が起こりうる薬であるからです。

病院でもらう薬ではないにしろ、慎重に扱いましょう。

スポンサードリンク

・眠気覚ましの薬の紹介

ちなみに、コーヒー1杯のカフェインは150mg程度です。

・エスタロンモカ錠

・第三医薬品

・無水カフェイン100mg配合

・錠剤タイプ

気軽に摂取しやすい錠剤タイプの薬です。

なので、コーヒーよりも眠気覚ましの効果は薄いです。

しかし、コーヒーを飲めない場合や眠気がそこまで強くない場合には有効な薬と言えるでしょう。

 ・カフェロップ

・第三医薬品

・1日の目安量12粒 無水カフェイン500mg(12粒あたり)

・アメタイプ

この商品は、眠気覚ましの薬としては珍しく、アメタイプの薬です。

1粒当たりの無水カフェインが40mg程度と、コーヒー1杯以下なので、眠たくなってからアメなめ始めても効果はあまり期待できません。

1日を通して、

「今日は眠らないようにがんばるぞ」

という日に、朝からなめるようにすることで効果を発揮できるタイプの薬です。


スポンサードリンク



・新オールP

・第三医薬品

・カフェイン200mg配合 (1本 20mlあたり)

・内服液タイプ

内服液タイプの眠気覚ましの薬です。

これは、コーヒー1杯よりもカフェインが配合されているので、眠たいときに飲んでもある程度効果があります。

また、コーヒー1杯150mgよりも少しカフェインの配合が多いだけのように思えますが、コーヒーを飲むのと違って、一気にカフェインを摂取することになるので、コーヒー2杯を飲むのと同レベルの眠気覚ましの効果があるように思えます。

・ヒロオールPキング

・第三医薬品

・カフェイン200mg配合(1本 30mlあたり)

・内服液タイプ

こちらも、新オールPと同様の無水カフェイン200mg配合です。

また、内服液タイプという点でも同じです。

しかし、その濃度が異なります。

この内服タイプは、飲む際に錠タイプと比べてカフェインを摂取しているという感覚が強く、苦手とする人もいます。

なので、無水カフェインの濃度を下げることによって、飲みやすさを追求している商品と言えるでしょう。

・ポンツシン内服液

・第三医薬品

・カフェイン200mg配合 (1本 50mlあたり)

・内服液タイプ

こちらの商品も内服液タイプ。

また、紹介する内服液の中では最も飲みやすい内服液タイプの薬です。

そのため、50mlと量は多いのですが、のど越しもいいので苦になることなく飲めるでしょう。

しかし、私としては50mlの内服液を飲むのなら、錠剤タイプの薬を利用する方が便利で手軽な気がします。

・トメルミン

・第三医薬品

・無水カフェイン500mg配合(1日服用量3錠中)

・錠剤タイプ

この薬が私のおススメする絶対的な眠気覚ましの薬です。

この商品は、錠タイプなので持ち運びもしやすく、水でもすぐに溶けるので、カフェイン独特の風味がないです。

なので、サプリメントを摂るような感覚で利用することができます。

また、この薬は効果も絶大です。

1錠約170mgの無水カフェインの配合なのですが、私の実体験からすると1番効果がある眠気覚ましの薬です。

また、眠たいときに飲んでもすぐに効く即効性があるように思えます。


・まとめ

上に挙げた薬は、私が眠気が覚める効果があると思った薬です。

しかし、眠気覚ましの薬は他にもあります。

眠たいときに色々な薬を試してきたのですが、カフェインの量と効き目は完全に一致するわけではないということが分かりました。

これは、

「カフェインがどのように配合されているか」

「薬が自分に合っているか」

などが影響しているのだと思います。

しかし、私の印象ではどの薬もコーヒーを飲むより眠気覚ましの効果をもっていました。

そのことからも、

薬の飲用は、眠気対策の手段としてとても有効であると言えるでしょう。

スポンサードリンク