眠気覚ましには音楽も効果的!じゃあどんな音楽を聞けばいいの?

眠たいけど眠ってはいけないというときって誰にでもあるはずです。

そんなときに音楽を流す人は多いでしょう。

遠出したときに、なるべく激しい音楽を流して眠気を覚ますという人もいるのではないでしょうか。

このように、音楽と睡眠は決して無関係のものではないです。

それでは、音楽で眠気を覚ますことができるのでしょうか?


スポンサードリンク

・眠気を覚ます音楽

眠たいから音楽を聴いて目を覚ましたい、となったときにどのような曲を聴くのでしょう。

たいていの人が激しい曲、騒がしい曲、テンポの速い曲といった曲を選ぶと思います。

しかし、残念ながら眠気を覚ますのに激しい曲を聴けばいいという科学的根拠はありません。

激しい曲を聴いて眠気がなくなったと錯覚してしまうのは、単純にびっくりしたり、うるさくて一時的に目が覚めただけだと考えられます。

なので、ただ激しいというだけでは、眠気を覚ます曲としては不十分です。

では、どのような曲を選べばいいのでしょうか?

それは、自分の好きな曲です。

え?となっている人も多いでしょうが、自分の好きな曲こそ眠気を覚ますのに有効な曲となりえます。

それはなぜかというと、好きな曲を聴いているときは聴いていないときよりも、自然と脳が活発に働くからです。

本来眠気というのは、脳があまり活動的でなくなったときに生じるものです。

その脳活動を活性化させることで、眠気を解消することにつながります。


・眠気を生じさせる曲

好きな曲ならなんでも眠気をなくすのかといったらそうではありません。

「好きな曲を聴きながら寝たほうがよく眠れる」

という人がいるように、眠りを促す曲を選んでしまってはいけません。

では、どんな曲が眠りを促すかというと、アルファ波の音楽です。

アルファ波の音楽は、リラックス効果があります。

言い換えると、アルファ波の音楽には脳を休ませる効果があります。

そのため、脳機能を休ませることにより、眠気がしょうじるということです。

なので、アルファ派の曲は選ぶべきではないです。

どういう曲がアルファ波の曲かというと、ゆっくりした曲という印象でいいと思います。

子守唄がゆっくりしている曲が多いのは、アルファ波を発するからです。

よって、眠気覚ましの曲には

・自分の好きな曲

・テンポが速めの曲

という2つの条件を満たしている必要があります。


スポンサードリンク



・睡眠と音楽についての注意点

今まで説明からも分かるように、音楽と睡眠は関係があります。

そこで、音楽を聴きながら寝るという人に注意点があります。

それは、音楽を流しているときは脳は睡眠中でさえ働き続けるということです。

特に歌詞付の音楽は、歌詞のない音楽よりもより脳を使うことになります。

なので、朝起きるまで音楽を流し続けてしまっては、たとえ何時間も眠れたとしても、脳はきちんと休めておらず、有意義な睡眠をとれたことにはなりません。

たとえ寝付くために音楽を聴きながら寝るといシーンでも、ある程度の時間が経ったら音楽が流れなくなるようにしておくことが大切です。

私は、1日に3時間睡眠をとれば健康に過ごしていけると考えているのですが、その3時間を快眠とするのが条件だとも考えています。

なので、朝まで音楽を流したり、元々眠たいのに寝るための音楽を流したりするのは止めたほうがいいです。

・まとめ

眠気を覚ますのに音楽は有効な手段です。

しかし、ただ音楽を流せばいいということではないです。

そこで流す音楽に何を選ぶのかが重要となってきます。

眠気覚ましのために流すべき音楽の条件の第一が、自分の好きな曲ということです。

自分の好きな音楽を聴くことにより、脳が活性化するからです。

脳を動かすために歌詞付がいいでしょう。

条件の第二が、アルファ波の曲ではないということです。

アルファ波の曲はリラックス効果があります。

そのリラックス効果は脳を休ませるということなので、逆に眠気を促してします危険性があります。

アルファ波の曲はゆっくりとした曲が多いので、眠気に勝つためにテンポの速い曲を選ぶといいです。

音楽を聴きながら寝る人への注意点として、朝まで音楽を流すことは避けるべきです。

音楽を聴くことで脳は少なからず働いてしまいます。

なので、寝たら音楽が消えるようにしておくほうが無難でしょう。

音楽を聴くことは、不眠対策として即効性があるものではありません。

しかし、好きな音楽を聴けばいいだけなので、試す価値はあると思います。

なので、眠たくなったら試してみるのもいいと思います。

スポンサードリンク