眠気すっきり!目を覚ますのに有効な飲み物・食べ物の4種!!

眠たい。。でも絶対に寝てはならない!

早くこの眠気を覚まさないと。。。。

このような状況に誰しもがなったことはあるはずです。

そんなときにオススメな食べ物・飲み物を紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

・カフェイン

カフェインは眠気覚ましにとても有効な成分です。

カフェインの入っている飲み物を摂取すると、眠気も消えていくことでしょう。

そこで、カフェインの多く入っている飲み物を紹介していきます。

・コーヒー(100ml)

コーヒーには、カフェインが約70mg含まれている。

焙煎方法によりカフェインの含まれている量は異なります。

エスプレッソはもっと多くのカフェインが含まれています。

・紅茶(100ml)

紅茶には、カフェインが約50mg含まれています。

コーヒーよりもカフェインが含まれている量は減ってしまうが、コーヒーが苦手な人には紅茶がおすすめです。

紅茶はコーヒーと同様に、オフィスにも置いてあるケースが多いので、仕事中眠くなったときなどにも飲むことができます。

・緑茶(玉露)(100ml)

緑茶(玉露)には、カフェインが約120mg含まれています。

気軽に飲むことができる飲み物の中では1番カフェインが含まれている飲み物であると言えます。

しかし、普通の緑茶ではなく、玉露はオフィスに置いていないことが多く、もし自分で眠気覚ましのために飲むのなら買っていかなければならないであることが難点です。

・エナジードリンク

エナジードリンクも眠気覚ましに大変おすすめできる飲み物です。

エナジードリンクは商品によって大きくカフェイン量が異なるので表記はしないこととしますが、エナジードリンク自体が眠気覚ましとしての意味を持っているといっても過言ではないので、当然眠気を覚ます飲み物として挙げられます。


・辛いもの

眠くなる原因の1つに体温の低下が挙げられます。

なので、体温を上げれば眠気の防止につながります。

それも体温の上昇は、体内からの上昇によって行うことで眠気を覚ます必要があります。

そこで、辛いものを食べることにより体温を上げれば、眠気を解消することにつながるでしょう。

ただし、食べ過ぎたら逆に眠たくなってしまうので注意が必要です。


・甘いもの

血糖値が低下することによっても、眠気は襲ってきます。

その場合は糖分を摂取することで、血糖値を上げ、目がスッキリすることもあります。

しかし、この方法は糖分を摂りすぎていると言われている現代人にとって不適当であるようにも思われます。

どうしても他の手段を摂ることができないときや、眠気覚ましの方法を掛け合わせて使いたいときのみに使うことをオススメします。


スポンサードリンク



・何度も噛めるもの

脳機能の低下によって眠たくなるということもあります。

このようなときは、脳を活動させることで眠気を打ち破ることができます。

しかし、脳を使えとは言っても、眠たいときに簡単に集中などできません。

そこで、硬いものや年度も噛めるものを食べることをオススメします。

ガム・あたりめなどが代表物として挙げられます。

このようなものを噛むことで、脳に刺激を与えることができます。

野球選手がガムを噛みながら試合をしているシーンを見たことがあると思いますが、それは試合に対するやる気がないからではなく、脳活動を活性化させてより試合に集中するためです。

脳に刺激を与え、脳が活性することで眠気が薄れることになります。

噛みながらなら、勉強中などにも行うことができるためオススメの方法です。


・まとめ

眠気を覚ます飲み物・食べ物はたくさんあります。

その特徴は下に示す4つです。

・カフェインが入っているもの

・辛いもの

・糖分を摂取できるもの

・何度も噛めるもの

今紹介したものは眠気覚ましの期待ができます。

その中でも最も効果が期待できるのは、カフェインが入っているものと言われています。

しかし、カフェインを多く含んだ飲み物ですら即効性があるわけではありません。

体に効果が現れるのは、早くとも30分後からです。

なので、今挙げた方法で眠気を覚ましたいと考えるならば、

「今にも寝そう」

という状態の1時間前には行動に移しておくようにしましょう。

本当に即効性がある方法は別にあるので、そちらも知っておくことをオススメします。

スポンサードリンク