ノンレム睡眠とレム睡眠の特徴の違いは?

睡眠には「ノンレム睡眠」「レム睡眠」がある。

ということを聞いたことがある人はたくさんいるでしょうが、

「どっちがどっちだっけ?」

と、ノンレム睡眠とレム睡眠の違いがあいまいな人も多いと思います。

また、睡眠のサイクルが約90分だから、

「ノンレム睡眠とレム睡眠は45分ずつなの?」

と勘違いしている人もいるかもしれません。

しかし、それは全く違います。

「質の高い睡眠」とる上で、睡眠に関する知識は必須です。

世にいう、「浅い眠り」「深い眠り」というのにも「レム睡眠」「ノンレム睡眠」は大きく関わっています。

そのことからも分かるように、ノンレム睡眠とレム睡眠に関して知っておくと、「深い眠り」によって疲れを解消できた状態で、毎日を送ることができるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

・レム睡眠の特徴

レム睡眠の状態は、端的に言うと「体が休んでいて、脳が動いている」という状態です。

そこから派生する、レム睡眠の特徴をまとめておくと、

・夢を見る

・記憶の整理が行われる

・金縛りにあう

・眼球の動きがある

・1周期で15~20分

という特徴が見て取れます。

この時間に記憶の整理が行われるため、頭のいい人はレム睡眠の時間が長いと言われています。

なので、物覚えの天才たちは25~30分程度の時間がレム睡眠なのかもしれません。

脳が活動していることからも分かるように、レム睡眠では身体が完全に休まっているという状態ではありません。

よって、レム睡眠は「浅い眠り」となります。

寝起きがいい人っていますよね?

その人は、浅い眠りであるレム睡眠の時に目を覚ますから、朝すっきりと起きることができるのです。

・ノンレム睡眠の特徴

ノンレム睡眠の状態は、「体も休まっており、脳も休まっている」という状態です。

その他の特徴として、

・ストレスの消去

・成長ホルモンの分泌

といった効果が挙げられます。

また、ノンレム睡眠は「睡眠の深さ」によって4つのステージに分かれています。

・第1ステージ

ノンレム睡眠は、レム睡眠の次に浅い眠りの段階です。

「うとうとしていたらいつの間にか時間が経っていた」

というようなことはありませんか?

そのような眠りが第1ステージです。

体を支えた状態で眠ることも可能なので、座ったまま居眠りしているときは、ほぼ第1ステージとなります。

睡眠周期のうち、約5%がこのステージに該当します。

・第2ステージ

第2ステージは、第1ステージよりも深い眠りになります。

このステージでは、体を支えながら眠ることが難しくなります。

机に体を倒して眠る人や、電車で隣の人にもたれかかって寝ている人が第2ステージの人の状態です。

まあ、もうここまで来たら「普通の寝ている状態」という感じですよね。

実際に、睡眠の約50%がノンレム睡眠の第2ステージと言われています。

・第3,4ステージ

第3ステージと第4ステージの特徴はあまり変わらないので、一緒に説明していきます。

このステージまで来たら、眠りがとても深く「熟睡」「爆睡」と言われるような状態です。

聞きなれない言葉だと、「徐波睡眠」とも言われます。

この睡眠のステージのときに、体の修復が行われます。

体の修復の他にも、ストレス解消や成長ホルモンの分泌の活性化もこのステージがメインとなるので、快眠には欠かせないステージと言うことができます。

ホルモン分泌に深く関わるステージとなるので、美容に気を使っている人にとっては、最も大切な睡眠のステージと言うことができます。

この第3、4ステージの睡眠比率は、約20%程度です。

この時間に起きてしまうと、「深い眠り」から起きるということになるので、起きるのがしんどいですし、ホルモン分泌が途中で終わってしまうので、美容の観点からしてももったいないです。

なので、できたら第3ステージや第4ステージでは起きないほうがいいでしょう。


スポンサードリンク



・睡眠の周期

睡眠の周期は約90分と言われています。

また、その周期のうち、

レム睡眠       25%

ノンレム睡眠 

  第1ステージ   5%

  第2ステージ   50%

 第3,4ステージ  20%

という構成になっています。

しかし、当然ながら周期の時間にも、割合にも個人差はあります。

また、どの周期も同じ割合でレム睡眠やノンレム睡眠の各ステージが訪れるわけではありません。

周期を重ねるごとに、浅い眠りの比率が高まり、深い眠りの比率が下がります。

たくさん寝た後のほうが起きやすいというのは、このためですね。

・まとめ

どうだったでしょか?

レム睡眠とノンレム睡眠には両方異なった働きがあることが分かったと思います。

記憶に良い影響を与えるのが、レム睡眠

身体や精神に良い影響を与えるのがノンレム睡眠

という捉え方でもいいと思います。

また、ノンレム睡眠の中でも4つのステージに分かれているということが今回の記事で分かったと思います。

そのどのステージで目を覚ますかによって、1日の始まり方に大きく差が出ます。

なので、自分の体と睡眠時間を研究すると面白いかもしれません。

スポンサードリンク