レム睡眠行動障害はストレスから?対策は?病院は何科?

みなさんはレム睡眠行動障害(RBD)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

睡眠には、不眠症や睡眠時無呼吸症候群などの様々な問題があります。

レム睡眠行動障害もその1つです。

レム睡眠行動障害は、自分も周りの人も知らず知らずのうちに苦しめてしまう病です。

ですが、睡眠中に起こることなので、もしかしたら自覚がないかもしれません。

なので、レム睡眠行動障害ではないかチェックしてみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

・レム睡眠行動障害の症状

レム睡眠行動障害とは、自分が見ているに沿ってまるで起きている人のように行動するというものです。

しかも、その夢というのは、「悪夢」であることがほとんどです。

なので、代表的なレム睡眠行動障害の人は以下のような行動をとります。

・大声で叫ぶ

・怖がっているかのような態度をとる

・暴れる

・壁をたたき続ける

などのような行動です。

まさに、怖いことを体験している人が本能的に動いているという感じですね。

これを眠っているときにしてしまうのです。

怖いですね。。。。

上に挙げた例以外でも、「追い詰められている人」がする行動は何でもします。

最悪なケースでは、眠っている間に妻を殺してしまったという場合もあるのです。

レム睡眠行動障害の患者は、このような奇想天外な行動を週1ペースで行うとされています。

多い人は、1日に何度も不思議な行動をします。

つまり、レム睡眠行動障害の病を患った人のパートナーは、それだけの回数、命の危機にさらされていると考えることもできるかもしれません。

・レム睡眠行動障害の原因

レム睡眠行動障害の原因の1つは、主に精神的要因によります。

言わば、ストレスですね。

そのストレスから「悪夢」を見てしまい、活発に働きすぎている脳が体まで動かしてしまうのです。

2つ目の理由が、病気が原因でレム睡眠行動障害に陥ってしまうというケースです。

その病気とは、パーキンソン病レビー小体型認知症を指します。

この病気はどちらも脳に異常に異常があるからなる病気です。

実際に、レム睡眠行動障害も脳幹の橋や脳幹網様体に異常があるため、睡眠中にも関わらず体が動いてしまいます。

また、レム睡眠行動障害の原因にパーキンソン病レビー小体型認知症と言いましたが、レム睡眠行動障害の後に、パーキンソン病やレビー小体型認知症が発見されることもあります。

先の説明でも分かるように、脳が正常に働かなくなるためにレム睡眠行動障害となってしまう場合が多いです。

そのため、この症状は50代が多いとされています。

また、90%以上が男性です。

・レム睡眠行動障害の対策

レム睡眠行動障害は放っておいても治りません。

なので、対策を講じる必要があります。

自分でできる対策としては、まず第1にストレスを溜めないことです。

単純ではありますが、かなり効果のある対策です。

普段ストレスを溜めてしまいがちな人や、ストレス対策なんてしなくても大丈夫だと考えている人は、まず自分にあったストレス解消法を見つけてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、睡眠中に脳への負担がかからなくなります。

そして、第2に快眠をとることです。

快眠とは、質の高い睡眠のことを指します。

眠る時間が不定期だったりしませんか?

自分に合った寝具を使っていますか?

どのような格好で寝ていますか?

どのような食生活ですか?

眠るときの空調はどうしていますか?

など、あらゆることが快眠に関わってきます。

そのようなことを意識していくだけで、レム睡眠行動障害を克服できるかもしれません。

第3に、原因である病気を治療することです。

ここでは、パーキンソン病レビー小体型認知症を指します。

この治療に関しては、さすがに自己解決は難しいので病院へ行くしかないでしょう。


スポンサードリンク



・病院は何科に行けばいいの?

では、レム睡眠行動障害や、パーキンソン病やレビー小体型認知症を治療するには病院の何科に行けばいいのでしょうか?

それは、睡眠専門医神経内科です。

レム睡眠行動障害は「睡眠中」の病であり、脳神経に異常をきたしているので、この2つのどちらかを受診することをお勧めします。

どちらかに行って、自分の状況を説明したら、自分に合った治療方針を立ててくれることでしょう。

薬の作用によって治るケースもあるようなので、原因が「ストレス」でない場合は、病院へ行くのが病状の緩和までの最短ルートと言えます。

・まとめ

睡眠中に感情を何かにぶつける自分を想像したら怖くありませんか?

レム睡眠行動障害を知ったときに、このようにならないように、

「ストレスを溜めこまないように心がけよう」

「良い睡眠になるように工夫しよう」

と思ったのを覚えています。

レム睡眠行動障害になったら、自分自身が怖くなってしまい、周りに人がいる状態で眠ることなんて絶対にできないでしょうからね。

スポンサードリンク