睡眠薬の種類と効力の強さや安全性について

「不眠症には睡眠薬を」

と考える人は多いでしょう。

しかし、睡眠薬ってたくさんあると思います。

そんなとき、どれを選べばいいか分からないですよね?

そもそも、種類ごとの特徴だって分からないと思います。

なので、ここでは簡単にではありますが、睡眠薬の種類と効力の強さについて、説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

・睡眠薬の種類と強さ


睡眠薬には、大きく分けて5種類あります。

  • バルビツール酸系
  • ベンゾジアゼピン系
  • 非ベンゾシアゼピン系
  • メラトニン受容体作動薬
  • オレキシン受容体拮抗薬

となっています。

それぞれ特徴が異なっているので、見ていくことにしましょう。

・バルビツール酸系

この睡眠薬は、非常に効力が強く、リスクが大きいのが特徴です。

簡単に眠れるけど、危ないという睡眠薬になります。

この睡眠薬は副作用で死んでしまうこともあるくらい危険なものとなっています。

この睡眠薬は、不眠症の改善のために使われることはないと言えるでしょう。

不眠症改善のためというよりも、麻酔の一種として使われることが多いです。

・ベンゾジアピン系

ベンゾジアピン系の睡眠薬は、バランス型の睡眠薬と言うことができます。

そこそこ強めの効果のある睡眠薬で、そこそこ安全という睡眠薬です。

この睡眠薬は、バルビツール酸系が危険度が高すぎるために開発された睡眠薬なので、

効力の強さも、危険度もそこそこという睡眠薬になっています。

不眠症を治すには適した睡眠薬の種類ではないかと思います。

しかし、副作用は危険とまでは言えませんが、依存性があります。

また、使っていくうちに、耐性もついてしまいますし、筋肉の緩和作用もあります。

イメージとしては、本当に力を抜いていく効果のある睡眠薬といったところですね。

ベンゾジアピン系は、依存性と耐性ゆえに、

使っていくうちに、「もっと、もっと」ということになりかねないため、

計画的に使う必要のある睡眠薬です。


スポンサードリンク




・非ベンゾジアピン系

非ベンゾジアピン系の睡眠薬は、ベンゾジアピン系の睡眠薬に近いです。

特徴としては、ほとんど同じですが、筋肉の緩和作用が非ベンゾジアピンにはありません。

そのため、ベンゾジアピン系よりも優れていると言えます。

しかし、ベンゾジアピン系よりも劣っている点を1つ挙げるとすれば、

それは持続時間がベンゾジアピン系よりも短いということです。

寝付けないという不眠症の人にとっては妥当な種類の睡眠薬かもしれませんが、

夜に何度も起きてしまうというような人にとっては不向きな睡眠薬です。

安全性も、効力も優れた睡眠薬ですが、ケースによっては無意味な人もいる睡眠薬と言えます。

・メラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬は、メラトニンを自動的に作り出すことにより、

眠気を促すというものです。

メラトニンとは、人が本来夜になると自然に作り出すもので、眠気を促すものです。

そのメラトニンを人工的に作り出そうというのが、

メラトニン受容体作動薬という薬です。

メラトニン受動態作動薬は、自然に作り出されるものに少し人工的な力を加えるに過ぎないので、

安全性は高いです。

しかし、その分上の3つの睡眠薬と比べたら効力は低いと言えます。

薬の力で眠るというよりも、自力で眠ることの援助という感じです。

・オレキシン受容体拮抗薬

オレキシンとは、脳の活動を促してくれる物質です。

つまり、オレキシン受容体拮抗薬とは、オレキシンを抑圧することにより、

脳の活動を抑えて、眠くさせようというものです。

そのため、考えすぎて眠れないという人にはいいかもしれません。

オレキシン受容体拮抗薬は、効く人と効かない人が大きく分かれます。

なぜ眠れないか?に大きく絡んでくるからでしょうね。

ですが、オレキシン受容体拮抗薬は、安全で、依存性もないので、

効く人にとっては、願ったりかなったりの睡眠薬だと思います。

ストレスで眠れないという人は、脳の活動を休ませるのにいいかもしれません。

・まとめ


不眠症がつらくて睡眠薬に頼ろうとしている人にとって、

効力と副作用は気になるところだと思います。

効力がなくて、不眠症が続くのも嫌ですし、

副作用があるのも嫌でしょうからね。

だから、しっかりと自分に合った睡眠薬を使用するべきだと思います。

睡眠薬を使うことを悪のように言う人がたまにいますが、そんなことはありません。

睡眠薬を使うというのは、眠れなくて体を崩すよりはよっぽどいい選択です。

自分に合った睡眠薬ならば、場合によってはきちんと使うべきです!

スポンサードリンク