知ってた??動物の意外な睡眠時間ランキング!

スポンサードリンク

・動物ランキング

動物によって睡眠時間の長さは全く異なっています。

さあ、それではさっそくですが色々な動物の睡眠時間について見てみることにしましょうか!

1、コアラ    22時間

2、なまけもの     21時間

3、こうもり     20時間

4、パイソン     18,5時間

5、ニシキヘビ     18時間

6、ヨザル     17時間

7、トラ     16時間

8、リス     15時間

9、ヒキガエル     14,6時間

10、フェレット     14,5時間

11、ゴールデンハムスター     14,3時間

12、カモノハシ     14時間

13、ライオン     13,5時間

14、砂ねずみ     13時間

15、ネコ     12時間

16、チーター     12時間

17、ねずみ     12時間

18、サル     12時間

19、うさぎ     11,5時間

20、ジャガー     11時間

スポンサードリンク



21、アヒル     11時間

22、犬     10,5時間

23、ヒヒ     10時間

24、チンパンジー     10時間

25、パンダ     10時間

26、モルモット     9,5時間

27、ブタ     7,5時間

28、人     7,5時間

29、アザラシ     6時間

30、やぎ     5時間

31、たぬき     5時間

32、うし     4時間

33、ゾウ     4時間

34、ひつじ     4時間

35、ロバ     3時間

36、馬     3時間

37、キリン     2時間

38、イルカ 0時間   ・・・・ *半球睡眠のため(下記参照)

39、サメ  0時間   ・・・・ *半球睡眠のため(下記参照)

40、まぐろ  0時間   ・・・・・ *半球睡眠のため(下記参照)

・考察&まとめ

0時間~22時間と幅広い睡眠時間の動物がいることが分かりました。

それにしても、キリンや馬の睡眠の短さハンパねーな!

人の平均の半分の睡眠時間しかとってないですね。

ライオンやチーターみたいな強そうな動物って睡眠時間長くないですか?

ということで、私の見解。

肉食動物の睡眠時間 ・・・・ 長い

肉食動物は当然ながら肉を食べて生きています。

肉は高カロリー高たんぱくのため、少量でも十分生きることができます。

なので、食事の時間は短くて済みます。

なので、やることがないから寝ているのではないか?

と思います。

草食動物の睡眠時間 ・・・・ 短い

草食動物は、これも当然ながら草を食べています。

草は肉と違い、低カロリー低たんぱくです。

そのため、生きるためにたくさん草を摂取しなければいけません。

なので、キリンなどは常に草を食べています。

いわば、食事に時間をとらなければいけないので、ゆっくりと眠ることができないのです。

*半球睡眠とは?

半球睡眠とは、片目ずつで眠る睡眠方法です。

左目が睡眠状態でも、活動することはできますし、右目が睡眠状態でも活動することはできます。

なので、半球睡眠をするイルカやサメなどは24時間活動することができるのです。

ちなみにですが、

左目が睡眠状態のとき ・・・・ 右脳が休んでいる

右目が睡眠状態のとき ・・・・ 左脳が休んでいる

となっています。

スポンサードリンク