彼女(彼氏)と寝ているときの定番「腕枕」の痛みをなくしたい!

彼氏(彼女)とイチャイチャするのって多くの人が好きだと思います。

まあ嫌いなんて人はいないでしょうね。

男でたまに

「彼女といちゃつくのはあんまり好きじゃない」

と言っている人もいますが、断言します!

それはカッコつけているだけです!

なんだかんだでみんなイチャイチャしたいと思っているはずです。

(私の考えですが・・・)

ここでは、いちゃつきの定番「腕枕」に焦点を当てて話していきたいと思います。

スポンサードリンク

女子は腕枕されるのが好きか?

女子は腕枕をされるのが好きなのか?

それは・・・・・

圧倒的に好きです!

好きな人との添い寝中ならしてほしいと思う人の方が多いはずです。

「一緒にいる感じ」をこれ以上ないくらい体感できるのが腕枕のいいところです。

そのため、行為の後などカップルで寝ているときは腕枕を男性はするべきです!

余談ですが、行為の後を重要視する女性は多いですからね!

男性は腕枕が好きか?

では男性は腕枕が好きなのでしょうか?

これに関しては、五分五分と言ったところですね。

なぜなら、腕枕をしてすぐはイチャイチャできるからいいですが、

腕枕ををずっとしているのって、案外疲れるらしいんですよ。

しかも、腕枕って1回したら中々ほどけないです。

相手に気を使わない人なら別ですが、

優しい人は特に腕枕をほどくことをなるべく避けたがります。

「腕枕をしたらほどけない」

「腕枕をしていたら、腕が痛くなってくる」

ということで、せっかく彼女と寝ているのに、腕枕をしない男性が多いのです。

そんなのは寂しいし、もったいないですよね。

スポンサードリンク



腕枕をしても痛くならない方法

腕枕をするとなぜ痛いのか?

それはとても明白で、腕の同じところにずっと頭が乗っているからです。

寝ているときに頻繁に体勢が変わる人は中々いないですからね。

それを踏まえた上で、腕枕をしても痛くならない方法を挙げるとしたら、

腕枕をされる側、おそらく「彼女」の方が気を使う必要があります。

なるべく、彼氏の一カ所に頭の位置が固定されないように気を付けてみてください。

単純ではありますが、これで彼氏の腕への負担は劇的に減少するはずです。

寝ているときに体勢を変えるのは大変かもしれません。

ですが、ずっと腕枕をしている側はそれ以上に大変なはずです。

行為の後、2人で心地よく眠るためには彼女の働きも必須ということですね。

彼氏に腕枕をしてもらうための工夫

彼氏に腕枕をしてもらえないなら、まず1回ちゃんと頼んでみてください。

そしたら、相手の気分も良いことが多いので、やってくれるはずです。

そして、ここからがとても重要なポイントになります。

一度腕枕をしてもらったら、腕が痛くならないように、

腕枕の状態を外すことが重要です。

これは、彼氏の腕枕をほどくということではありません。

彼氏に密着して、頭が腕に乗らないようにすればいいです。

もっと具体的に言うと、相手の肩くらいのところに頭を持ってくるように引っ付けば、

腕枕している感を出しながら、腕への負担はほとんどなくなります。

まあ、腕に何も乗っていないから当然ですよね。

それをうまく実践できれば、これからも彼氏は自然に腕枕をしているはずです。

すると、自分一人で寝ているときには味わえないような安眠を味わえるかもしれません。

まとめ

カップルの添い寝中の行動はとても重要です。

そのときの態度次第で、さらに仲が良くなることもあるでしょうし、

逆に破局の危機なんてこともあると思います。

「腕枕」はカップルの仲を良くする最高の道具だと思います。

「彼氏」はなるべく「彼女」に腕枕をしてあげてほしいです。

そして、「彼女」はなるべく「彼氏」の腕に負担がなくなるように気を使ってあげてほしいです。

2人の人が仲良く眠るには、双方の「仲良く眠りたい」という意識が必要だと私は思います。

スポンサードリンク